家庭用脱毛器

【実体験】ケノンの修理方法の流れ・修理代金や補償期間

【実体験】ケノンの修理方法の流れ・修理代金や補償期間

2013年に購入したケノンが、8年目にしてついに壊れてしまったので、実際に修理に出しました。

ここでは、ケノンを修理するまでの流れや修理代金など、壊れたさいに気になることをまとめています。

98,000円(税込)-28,200円値引⇒69,800円(税込)

ケノン公式ストア

※24回払いで月々約2,909円でOK!

修理代13,300円+送料984円で計14,284円

ケノンの修理代金は、送料含めて計14,284円でした。

ケノンの修理代金は13,300円

修理代金は、13,300円でした。

ケノンサポートセンターまでの送料984円

ケノンのサポートセンターまでの送料は984円でした。

 

故障したさいの2つの選択肢

修理に出す

修理にだします。

下取りに出して新型ケノンを購入する

ケノンを下取りに出して、新型ケノンを購入します。

愛用ケノンのスペックと不具合箇所

8年使用の旧型バージョン

旧型ケノンのバージョン4.1

愛用しているケノンは旧型で、2013年6月に購入しました。

バージョンが4.1なので、新型が8.4(2021年4月時点)に比べると、かなり古いです。

カードリッジを認識しなくなった

ケノンがカートリッジを認識しなくなった

不具合は、カートリッジを認識しなくなったことです。

写真のように、カートリッジを付けているのに認識しなくなってしまいました。

ケノンの修理代金の目安一覧

修理費一覧
機種 項目 価格(税込)
共通 基本検査費用 ¥4,000
ケノン 本体基盤 ¥6,300~
ケノン ハンドピース及びケーブル ¥3,000~
ケノン 操作パネル ¥2,300~
ケノン 外装部品 ¥1,500~

引用:修理の流れ – ケノン公式ユーザーサポートサイト

ケノンを修理するまでの流れ

サポートセンターへ電話する

ケノンのサポートセンターに電話をしましょう。

 電話:0570-064-331(平日 午前10時~夕方17時 土日祝日休/年末年始等休業あり)
 ※修理についてはお電話のみでの受付になります。

引用:修理の流れ – ケノン公式ユーザーサポートサイト

 

サポートセンターへケノンを送る

故障したケノン本体を化粧箱に入れる

写真の内容の機器を、購入時にケノン本体が入っていた化粧箱につめて送ります。

ケノン化粧箱の空きスペースにカートリッジを入れる

別売りで買ったカートリッジは隙間スペースに。

ケノンの化粧箱に故障した本体を入れる

この化粧箱をダンボール入れます。

ケノンサポートセンターに送るダンボール

家にあったダンボールに入れました。

ガムテープを貼って梱包完了

ガムテープを貼って梱包完了です。

コンビニから梱包したケノンを送る

コンビニから梱包したケノンを送りました。

次の日にサポートセンターに到着しました。

検品後に修理内容の電話がくる

ケノンはサポートセンターに到着して検品後、修理内容の電話がくるので、修理するかしないかを伝えます。

基本検査費用4,000円+修理代金○○円

基本検査費用は4,000円。それに各部位の修理費を足した代金を支払います。

修理品発送・修理費のお支払

修理品が発送され、到着したら代金引換で修理費を支払います。

ケノンの到着と梱包の様子

修理したケノンが到着

このように梱包されて到着しました。

ケノン修理後の梱包内容

プチプチの緩衝材に包まれています。

ケノン修理後の化粧箱

化粧箱は以前のままです。

ケノン修理後の説明書

どの部位を修理したかの説明と、バージョンアップしたことが書かれた説明書が入っています。

ケノン修理後の動作確認

修理されたケノン

修理後のケノン。

修理されたケノンの電源ケーブル

電源ケーブル。

修理後のケノン本体

しっかりと清掃されています。

修理後のケノンはバージョンアップ

バージョンが4.1から4.7へ変更されていました。

98,000円(税込)-28,200円値引⇒69,800円(税込)

ケノン公式ストア

※24回払いで月々約2,909円でOK!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

-家庭用脱毛器

© 2021 脱毛サロンの歩き方